当サイトは、トップページは新着順に、カテゴリー・月別ページは日付順に表示されます。  



サイト内検索
カテゴリー
「約束の地から」
ブログ「約束の地から」。 日々雑感、読書感想など。
このページのエントリー


リンク
オススメ
オススメ
オススメ

月別


コメント
トラックバック
プロフィール
モバイル
qrcode
スポンサー
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



- | - | - |メールはこちら
自白の変遷 テ走状況
自白の変遷の最終回です。ここでは自白の変遷のうち、Tさん宅からの逃走状況について扱います。長くなりますが、赤文字部分を拾って読むだけでも、変遷の様子がお分かりいただけるかとお思います。

クリック→ 参考図版 ←クリック

星  星  星  星  星  星  星


自白の変遷 テ走状況
自白日
桜井自白(取手署)
杉山自白(水海道署)
10月15日
Tさん宅を杉山より先に出て、ドブ川の道を15〜6胆召惺圓辰燭△燭蠅如後から走ってきた杉山と一緒になって、二人で寿司屋の前まで走って逃げた。栄橋を渡って、石段を下りて、布佐駅まで歩いた。すぐ来た電車に乗って(午後9時過ぎ頃と思う)、我孫子まで行った。我孫子で常磐線に乗り換えて自分だけ柏駅で降りて旅館に泊まった。杉山は「南千住に泊まる」と言っていた。まだ逮捕されていません。
10月17日
録音テープ。真理子の手元にないので確認できません。Tさん宅を桜井より先に出て、記念館の脇のドブ寄りで桜井が来るのを待ったら、5分くらいで桜井が来た。駅まで歩いて、午後9時57分頃の列車で東京に行き、野方の桜井の兄貴の家に泊まった。桜井は我孫子か千住で下りた。
10月18日
杉山より先にTさん宅を出て、ドブ川の通りを走って15〜6辰らいのところで杉山が追いついてきた。栄橋を渡って布佐駅に着いたのが大体午後9時30分頃と思う。その先のことについては後で話します。
10月24日
Tさん宅を杉山より先に出て、ドブ川の通りを16〜7湛圓辰討杉山がなかなか来ないんで振り返って見たら、後ろから走ってきた。私のところで停まるのかと思ったが停まらずに私を通り越して走って行くんで、私も走って寿司屋の前あたりで杉山に追いついた。自動車の横を通って栄橋を渡り、布佐駅まで行く途中、3人くらいの男女とすれ違った。時計を見たわけではないが、駅に着いたのは午後9時40分頃と思う。9時40何分かの電車に乗った。我孫子で10時過ぎ頃の常磐線に乗り換え、自分だけ柏で降りた。杉山は南千住に行くと言っていた。柏で旅館に泊まった。
10月26日
Tさん宅を出て、ドブ川通りの方へ行って桜井が来るのを待った。いくらも過ぎないうちに桜井が来たが、自分の方が歩くのが速いので、桜井より先を歩いた。橋のたもとの手前で堤防を駆け下り、川原で新聞紙と財布を川に投げ捨てた。すぐに堤防を駆け上ったら、橋のたもとのところに桜井が立っていたが、通りかかった人や自動車には気づかなかった。その後も私のほうが桜井より早く歩いて、布佐駅に着いたとき駅の時計は午後9時45分頃で、上りの電車を10分くらい待った。二人とも泊まるアテが野方の桜井の兄貴のアパートくらいしかなかったので、電車の中でそういう話になった。我孫子で常磐線に乗り換え、日暮里で山手線に乗り換え、高田の馬場で西武線に乗り換え、桜井と一緒に野方駅で降りたのは午後11時30分頃。桜井の兄貴のアパートへ行ったら、兄貴は勤め先のバーへ行っていたようで、留守だった。私が便所に入って出てきたら、桜井はどこかに行っていなくなっていた。私は一人で野方駅近くの深夜食堂で食事をして戻ると、間もなく桜井が帰ってきて、「風呂へ入って、兄貴の店で飲んできた」と言って酔っ払っていた。
10月27日
真っ直ぐ杉山と一緒に野方の兄貴のところへ行ったと言えば、兄貴に迷惑がかかる思ったから、これまで柏駅で杉山と分かれて旅館に泊まったとウソをついた。
あの晩は杉山と一緒に午後9時40分頃の電車に乗って、東京都中野区野方の兄貴のアパートへ逃げて行った。アパートには兄貴はいなかった。風呂へ行こうとアパートを出たが、喉が渇いていたので、兄貴が勤めるバーへビールを飲みに行った。午後11時40分頃だったと思う。20〜30分店にいて、アパートに戻ったら、杉山は寝ていた。
10月28日
Tさん宅を逃げ出して、ドブ川の道を15〜6辰らい行ったところで杉山が待っていて、杉山と一緒になった。
10月29日
Tさん宅を出て、ドブ川の道を小走り駆けて、20辰らい行ったところで杉山と一緒になった。
10月30日
午後9時過ぎ頃、ドブ川の道20辰らいのところで杉山が待っていて、一緒に駆けた。栄橋を渡る途中、橋の真ん中あたりに車が一台停まっていた。石段を下りて、郵便局の手前あたりで男女は分からないが、3人くらいの人とすれ違った。時計を見ていないので正確なことは分からないが、布佐駅に着いたのは午後9時30分頃と思う。電車に乗って杉山と一緒に野方の兄貴のアパートへ行った。午後11時25〜30分頃だと思う。兄貴はいなかった。風呂に行くつもりで出たが、喉が渇いていたので、11時30分少し過ぎに兄貴が勤めるバーへ行った。午前0時少し前に店を出てアパートに戻ると杉山は寝ていた。
10月31日
ドブ川の道を行って、栄橋すぐ手前から堤防を川に向かって駆け下り、新聞紙と黒い財布を利根川に投げ捨てたあと、堤防の中段まで上がったところに桜井が下りてきた。二人で栄橋たもとまで上がったとき、単車が一台走ってきて、単車のライトに照らされた。栄橋を渡る途中に、ライトバンが一台停まっていて、男性が一人立っていた。それから電車に乗って野方の桜井の兄貴のアパートに行った。
11月2日
録音テープ。真理子の手元にないので、確認できません。いままでの調べで、布佐駅から午後9時57分発の電車に乗ったと言ってきたが、確かかどうかよく分からない。
11月3日
橋を渡る途中で自動車を見たことや、布佐駅から午後9時40分頃の電車に乗ったことや、野方の兄貴のアパートに午後11時30分頃に着いたことは、前回申し上げた通りです。録音テープ。真理子の手元にないので確認できません。
12月13日
検察官調書
布佐駅では10分か15分電車を待ったような気がする。我孫子で常磐線に、日暮里で山手線に乗り換えて、高田の馬場に着いたのは11時半頃と思う。高田の馬場から西武線に乗って、野方の桜井のアパートに着いたのは夜中の12時頃だった。

検察官調書
野方の桜井の兄貴のアパートに着いたのは夜中の12時頃で、二人とも部屋から出ないで、12時半には寝た。桜井は風呂にも行っていないし、兄貴のバーで飲んでもいない。
12月19日
検察官調書
駅に着くまで不思議と誰にも会わなかった。誰にも会わなかったと言うと怪しまれるから、郵便局のあたりで2〜3人にすれ違ったとウソをついた。いま冷静に考えると、布佐駅で2分ぐらいしか待たずに電車が来たと思うが、あの時は長く感じた。午後9時48分の電車に乗った。野方の兄貴のアパートへ着いたのは、午後11時40分頃と思う。
12月21日
検察官調書
逃げる途中、栄橋の真ん中あたりで左側に車が一台停まっていたのをぼんやり覚えている。
検察官調書
布佐駅ではそんなに待たずに電車に乗れた。午後9時50分の上りだったと思う。


上記自白の変遷に対する
再審開始決定書(水戸地裁土浦支部)の判断

★二人の自白は、合流した場所、逃走時に見た情景、列車の発車時刻、行き先など、いずれの点においても変遷している。しかも事件発生から日時の経過に伴い、鮮明な記憶を保持していることが不自然と思われることについて、突然詳細に供述し始めるなど、変遷理由に合理的な説明のないまま、次第に客観的事実や共犯者の供述が一致するようになっている。
★たとえば列車の発車時刻は、当初二人の自白は一時間近く異なっていたのに、変遷を繰り返し、最終的には客観的事実と整合するようになっている。また例えば、列車乗車後の行き先についても、当初柏駅で別れ、桜井が柏の旅館に泊まり、杉山が野方の桜井の兄のところに泊まったことになっているのに、杉山が二人で野方の差浦井の兄のところに泊まったと供述すると、桜井もこれに一致するように野方に泊まったと供述した。また検察官調書でも、時刻や行動について変遷させている。
★12月14日付捜査報告書によれば、捜査官は、遅くとも11月1日までには、桜井が8月28日午後11時以降に兄の勤めるバーに来店し、ビールを飲んだ情報を得ている。ところが捜査官が裏付け捜査を実施したところ、遅くとも12月14日までには、布佐駅午後9時51分発の成田線上り我孫子行きの電車に乗車した場合、野方に到着するのは早くても午後11時47分であり、同駅から桜井の兄のアパートまで徒歩で5分かかることが判明した。
★警察官調書で一応一致した二人の自白は、、上記客観的事実に合致するように検察官によって誘導された可能性が高い。

変遷が起きるワケについては
「捜査官の誘導に対する迎合供述とは?」をお読みください。


星  星  星  星  星  星  星


今回はここまでです。次回から自白の客観的事実との不一致について書いていきます。


自白の変遷 | 21:19 comments(0) | trackbacks(1) |メールはこちら
スポンサーサイト


- | 21:19 - | - |メールはこちら









この記事のトラックバックURL
http://fukawajiken.jugem.jp/trackback/38
トラックバック
2007/08/05 9:57 AM
水海道&旅館、泊まったお勧め旅館ホテル !その旅館の名前はビジネスホテル水海道旅行前、方向音痴の私は、場所の確認!グーグルマップが便利です。「茨城県常総市水海道山田町1543-3」をコピペ。あとは印刷!これで道に迷いません。そして予約の確認。ネットから予約
茨城栃木の旅館、泊まったお勧め旅館ホテル!