当サイトは、トップページは新着順に、カテゴリー・月別ページは日付順に表示されます。  



サイト内検索
カテゴリー
「約束の地から」
ブログ「約束の地から」。 日々雑感、読書感想など。
このページのエントリー


リンク
オススメ
オススメ
オススメ

月別


コメント
トラックバック
プロフィール
モバイル
qrcode
スポンサー
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



- | - | - |メールはこちら
供述内容の不自然性及び体験供述性の欠如 “畳間の床板の状態に関する説明部分
 昨年9月に水戸地裁土浦支部が出した再審開始決定書には、変遷を繰り返した末の最終的自白(検察官調書)には、真犯人であれば当然説明されてしかるべきことが説明されていないなど、不自然・不合理な点が多々存在するとして、具体的には以下の五つについて言及しています。

“畳間の床板の状態に関する説明部分 
∋狢里旅作部分 
J色行為部分 
ぅラス戸工作部分 
ナ惱蠅旅作部分


今回は「“畳間の床板の状態に関する説明部分」を見てみます。

星  星  星  星  星  星  星

“畳間の床板の状態に関する説明部分

八畳間の床落ちに関する最終的な自白は下記の通りです。
12月19日桜井自白
警察の調書では、Tさんの体の下の床が落ちていたのに気づいていたのが書いてありますが、それはそのことを聞かれて、あの時首を絞めながら自分の体が少し前に下がったような気がしたのを思い出したのです。
12月13日杉山自白
頭に来てしまった私はぶっ飛ばしてやろうと思い、いきなり右足でおやじの下っ腹めがけて一回蹴飛ばしたらあたっておやじがかがみ込み下向きになったところを、今度は昌司が横っ面をげんこで往復ビンタを喰わしたので--中略--それでおやじは倒れてしまい--中略--騒ぎ出したから--中略--腹の上に馬乗りになった私とは別に、昌司がおやじの頭の方にまわって頭を押さえましたから、私は--中略--下着のようなものがあったのでそれをつかんでおやじの口の中へ押し込みました。--中略--(偽装工作で)今度は二人で敷布団なんかをおやじの上にかけました。そのとき私はおやじが死んでいる下の畳の頭の方が床が抜けてずり落ちているのに気付きました。それで私は、はじめに馬乗りになって昌司がおやじの頭の方にまわって頭を押さえつけた頃、畳の下でバリンと音がしたから畳の裏板でも抜けたのかと思ったのを覚えています。
再審開始決定書(水戸地裁土浦支部)の判断
↓ ↓ ↓



 Tさんの死体の下の八畳間押入れ前の床下は、左の検証調書添付写真のように、頂点が地面近くまでVの字に落ち込んでいました。どうしてこのような状態になったのか、真相を断定することは出来ませんが、「私は、はじめに馬乗りになって昌司がおやじの頭の方にまわって頭を押さえつけた頃、畳の下でバリンと音がしたから畳の裏板でも抜けたのかと思ったのを覚えています」という杉山自白のとおりならば、Tさんを転倒させた桜井も杉山も床落ちを体験しているはずであり、またその後、足をしばったり物色したり、床落ちした周辺を動き回っているのに、死体の工作で布団をかけるときまで床落ちに気付かなかったということ、上記自白の程度にしか床落ちについて供述がないのは不自然不合理である。

弁護団実験用に再現された被害者宅(写真・真理子)


最終的な自白に関する問題点 | 23:05 comments(0) | trackbacks(0) |メールはこちら
スポンサーサイト


- | 23:05 - | - |メールはこちら









この記事のトラックバックURL
http://fukawajiken.jugem.jp/trackback/44
トラックバック